結婚の種類

結婚の種類

結婚の種類には色々な物がありますが、たとえば集団婚と呼ばれる結婚があります。週d何紺という結婚は、どのような物かというと、お互いに特定の相手と結婚をしない結婚の種類です。例えば、私有財産制度がなかった原始時代などによくあった結婚のスタイルだった言われています。

 

また、結婚の種類には同性結婚と呼ばれる結婚もあります。同性結婚は、男同士、女同士で結婚するという結婚のスタイルですが、日本ではこの結婚のスタイルは認められていません。

 

また、結婚には、近親婚というものがありますが、これは血のつながりが近い人同士で結婚をすることで、血のつながりが近い人同士の結婚は禁止されています。

 

結婚には事実婚というものもありますが、これは婚姻届などを出していない結婚で、結婚のような生活を送ってはいるけど法的な面では結婚の届けを出していないという結婚です。

 

重婚というのもありますが、これは日本のような一夫一婦制の結婚制度のところで、すでに結婚しているのに、また結婚することです。そして通い婚というのは、同居せずに、どちらかの家に通って結婚生活を送るというスタイルを言います。

 

このように結婚といっても色々な種類の結婚がありますが、日本では認められていない結婚もあります。

 

参照:http://www.meirinsha.jp/

日本人の結婚は最近変わってきています。平均結婚年齢は毎年上がっていますし、にほんでは 結婚しない人も増えています。結婚しない人を非婚化といいますし、平均結婚年齢が上がっていることを晩婚化とよんでいます。

 

結婚しない人や結婚が遅い人が増えた原因としては、女性が高学歴になってきて社会進出していることが原因だといっていますし、他にも、男性の収入が不安定なために、将来の見通しが見えないために、なかなかわかくして結婚をするということがなくなったようです。また、女性が専業主婦を志願するようになったのも、一つの原因のようで、女性が働かなくなると男性の収入が不安定なためにこれでは結婚できないという状況にあります。

 

また逆に、女性が社会進出を活発にしているために、なかなか結婚平均適齢期になっても仕事を続けているので結婚が晩婚化しているということもあります。また結婚して子供を生むことに強い不安を感じている女性も多く、それが、日本の晩婚化や結婚をしない女性が増えてきた原因ではないかと言われています。確かに今の日本は結婚をしない人が増えてきましたし、結婚を考えるのが30代に入ってからという人も増えてきました。これが日本人の結婚事情を大きく変化させていますね。

結婚適齢期というのは男性も女性も結婚するときに適切だと思われる年齢の事を言います。結婚適齢期は、世界中でそれぞれの地域によって多少違っていると思います。

 

日本では結婚適齢期が最近上がってきているといわれています。結婚適齢期というのは大体23-25歳くらいといわれていましたが、ここ数年結婚適齢期をすぎても結婚しない人が多く、結婚適齢期が代わってきたのではないかと言われています。ちなみに、結婚適齢期ではないのですが婚姻適齢というものが日本では定められていて、日本では男性は18歳以上、女性は16歳以上が結婚をしてもいい年齢というように決められています。

 

結婚適齢期というのはその国の文化や社会によっても違ってきますし、時代によっても違っています。また結婚適齢期は社会全体で見るのではなくて個人でみることもあるようです。例えば、親の年齢が結婚適齢期に左右したり、自分が若くても、親がある程度の年齢になってしまった場合には、結婚を考えざるを得ないという状況にもあるようです。結婚適齢期を逃した人のことをよくいきおくれともよんでいます。日本では最近では結婚適齢期をすぎてから30代で結婚する人が増えているようです。また結婚適齢期以前の20代前半や10代での結婚のどちらかという見方もありますね。


ホーム RSS購読 サイトマップ