日雇いバイトを希望する場合

労働者派遣法が1986年に施行され、99年の派遣法大改正によって、単純労働での派遣や、日雇いバイト等のスポット派遣を認める規制緩和が導入されました。このようにやむを得ず日雇いバイトをして厳しい現状で働く人も多いのです。この集合場所に予定人員が集まら無いと、人数合わせの為に他の日雇いバイトの登録者に電話をかけたりして人を集める事もあります。

日本の労働者派遣制度は、労働者保護という点では世界最低水準です。転職がスムーズにいかず、つなぎのつもりから正社員になかなかなれず、不本意ながらも日雇いバイトを続けるという人はたくさん居るはずです。現場に行く人員の点呼などが、そこで管理されるのです。

急増して居る背景には本当に日雇いで満足して居る人はほぼい無いと思われます。前日に翌日の日雇いバイトの仕事があるかどうかを電話やメールなどで確認して、仕事があれば当日に集合場所の現場に行きます。理由により親元を離れた若年層や、度重なる不安定な雇用により家賃を払えずにアパートを退去させられた人も居るでしょう。

日雇いバイトを希望する場合は、派遣会社に登録して基本的な説明を受けると、自分が働きたい時に日雇いバイトを紹介してもらうことができます。それを改善するために、諸外国の労働者保護法を見習うべきという声も最近ようやく上がってきました。そのことが、現在の日雇い派遣、日雇いバイトを広げてしまうという問題を作る元になってしまったのです。

http://www.meirinsha.jp/